ネットの漫画で思い出した!アパートに深夜訪ねてきた、怪しい営業の話。

ネットで、「一人暮らしの女性の身に起きたこと」という漫画が話題になっています。
とある夜更けに女性が一人お風呂に入っていて、ふと「そういえば玄関の鍵閉めたかな」と気になり始め、お風呂を出て確認に行くと鍵は閉まっていたものの、誰かがドアノブをゆっくり上下に動かして鍵がかかっているかどうかを確かめていたというものです。
なんでも、玄関の外にいる「誰か」は音がしないようにゆっくりとドアノブを上下に動かしていたようで、ネットでは「鍵がかかってなかったらそっと入ってくるつもりだったのかも?怖い!」という女性たちの声が上がっていましたが、この記事を読んでふと10年くらい前のことを思い出しました。
一人暮らしではなく、夫と二人でとあるアパートの一回に住んでいた時のことだったのですが、仕事の都合で夫の帰りが大幅に遅れ、私は深夜一人リビングで過ごしていました。
するといきなり、ドアノブが乱暴にガチャガチャ!と回されたのです。
びっくりして振り向き、夫が帰ってきたのならドアを開けなければ、と考えたのですが、いつも夫が帰宅するときには必ずチャイムを鳴らすので、妙だと思いました。
怖くてそのまま固まっているとまたしてもドアノブが乱暴に回され、聞いたことのない男の人の声で「このあたりのマンションをご紹介しているものです。開けてください」と声がしました。
こんな時間にマンション営業!?と本当に驚きました。
しかしその男の人の声がなんだか高圧的に聞こえ、腹が立った私は玄関先まで出て「どちら様ですか」と声をかけました。
すると「このあたりのアパートにお住まいの方にマンションをご紹介しています。開けてください」と悪びれもせず繰り返すので完全に頭に血が上った私は、「主人がおりませんのでお引き取りください」と冷たく言い返しました。
すると「ご主人はいつも何時ならいらっしゃるのですか」などと言うので、「今日は遅いですが夜の7時頃帰っていることもあります」と言うと、何と不満そうに「その時間にはこちらの都合が悪いのですが・・・」と言うのです。
何を偉そうに、と呆れた私は「そんなの知りません」と言って玄関から離れ、そのまま何を言われても反応せずにいたところ、しばらくたつと居なくなったようでした。
帰宅した主人にこのことを話すと、きちんと鍵をかけておいてよかったと本当に心配されました。
アパートの一回に住んでいたということもあり、その後も似たようなことが1,2度ありましたが、やはりしっかり施錠しておいたために難を逃れることができました。
いま、一人暮らしをしている女性の方たちもしっかり防犯に気を遣っていると思いますが、疲れているときなどうっかり鍵を閉め忘れたりすることがないとも限りません。
どこにおかしな人が潜んでいるとも限らないので、本当に気を付けてほしいとともに、もっとこういう啓蒙的な漫画がネットで出回るようになればいいなと思いました。

自給自足の生活に憧れて

午後は雨。掃除も洗濯も済ませたし、あとはのんびり過ごす休日。デッキに録画したリストを眺めながら、気になったものを再生。ドキュメンタリータッチの映画だった。20代の女性が生まれ育った田舎で自給自足の暮らしをしている。とても大変そうだ。でも、憧れる。ただ私は、料理ができないのがネックだ。いや、できないのではなく、しないだけなのだけれども。たまには料理をするのでできないわけではないが、毎日作るというのがとてもハードルが高い。疲れる。でも自給自足の生活は素敵だな。できるだけ人工物を使わずに暮らせたらいいなと思う。口で言うのは容易く、大した行動はできていないけど。小さな庭で、時折母が野菜を作っている。種を蒔いたり、苗を植えたりするが、そのあとは放ったらかし。気づけば食べ頃を過ぎて、花が咲いていることもしばしば。この母にして、この子あり。田舎暮らしだから自然と自給自足になっているだけで、それに憧れるなんて、実際に生活している人からは笑われてしまいそうだ。でも何もしないよりはいい。そう慰めつつ日々を過ごす。

お花のエネルギーについて

今まで、数種類のお花が咲いていましたが、季節が変わると一部だけ残るようになりました。
ちょっと残念ですが、季節が変わったということだと思います。
我が家のテーブルの上に、お花の種2種類を見つけたので、今度はそれを植えてみようと思っています。
お花が咲いた時には、台所やお仏壇の前に飾れます。
タイミングさえうまく合えば、お盆のお墓参りに持っていくことができます。お仏花をさらに華やかにできるます。
亡くなった人はお花が好きだったので、喜んでもらえるのではないかと思います。
お仏花と言えば、菊の花を選ぶことが多い(実際、菊の花をよく売られているように思います)ので、それだけではちょっと物足りないところがあります。
そこへ、いかにもお仏花以外のお花があれば、華やかになりそうです。
お仏花に話が集中したので、話を変えてみます。以前、バラの花を頂いたので、テーブルの上に飾ったことがありました。
すると、なんとも華やかな空気が部屋を満たしてくれました。
それから随分たって、お庭に咲いたムスカリを台所のテーブルの上に飾ってみました。
バラほど華やかではありませんが、ムスカリは台所を温かい空気で満たせてくれました。
お花のエネルギーはすごいなと思いました。ちょっとずつでもお庭に植えたりして、お花を楽しもうと思います。

リメイクシートを貼るだけで雰囲気が変わるのが楽しいです!

最近私がハマっているのは、ちょっとした箱などのリメイクです。
リメイクと言っても難しいものではなく、100円ショップやホームセンターなどで買って来たリメイクシートを貼ったり、簡単に色を塗ったりするくらいです。
それだけですが、ずいぶん雰囲気が変わって楽しいんです。
たとえばうちではかなり本が有るので、文庫本はティッシュの空き箱を活用して整理しているのですが、空き箱そのままだとちょっとカッコ悪いですよね。
でも籐かごのプリントしてあるリメイクシートを貼るだけで、ちょっとおしゃれな雰囲気に早変わり。
元がティッシュの箱とは思えないくらいです。
他にも、書類ケースやレシートを入れておく箱、リサイクルごみ用のごみ箱など、うちでは空き箱や段ボールにリメイクシートを貼っています。
貼らなくても箱は箱ですが、やはり身の回りが少しオシャレだと、気分も少し上がりますものね。
ここにはどんなデザインの箱を置こうかなとか、シート1枚だと見栄えがしないから何かと組み合わせようかなとか、いろいろ考えるのも楽しいです。

懐かしの白い喫茶店

小さいころ親に連れられて良く行っていた喫茶店があったんです。いわゆる昔ながらの喫茶店ってやつで、マンガ本とか置いてあって、焦げ茶色のアンティークっぽいテーブルとかあって、コーヒーの良い香りが漂っていて。もちろん当時はコーヒーは飲めないから、さくらんぼ入りのクリームソーダとか飲んでたんです。
その喫茶店が白い瓦屋根の家だったので、私の中では「白い喫茶店」って呼んでいました。
今日、その白い喫茶店の横を20年ぶりに通ったのです。屋根は変わらず、白い瓦屋根のままで懐かしくて胸がキューンとなりました。中を覗いてみると、昔の面影はなくておしゃれなカフェへと変身していました。メニューもパンケーキとか、ワンプレートランチとか女性受けしそうな感じのメニューが揃っていました。
クリームソーダとか昔食べたかき氷とかなくて、ちょっと残念な気持ちになりましたが、外観は変わって無かったのでちょっと安心しました。
勇気が無くて今日は中には入れなかったけど、次はチャレンジしてみたいなと思います。

手芸大好き!編み物大好き!棒針かぎ針どんとこい!

手芸といっても沢山ありますが、最近は編み物が多いです。
棒針編みで帽子を編んだり、手袋にも挑戦してみたり、かぎ針編みではアクリルたわしを量産してみたりと楽しくしてます。
一度編んだやり方は体が覚えていてサクサクと進んで楽しいです。
今年挑戦したいなと思っているのは、カーディガンを編んでみること。
今年だけじゃなくて、多分ずっと言ってしまうんだろうなと思うけど、カーディガンとかベストなどを自分で編んでみたいなと思ってます。
カウチン編みという模様編みをして可愛らしくて暖かいカーディガンを編んでみたいなって思ってますが、なんせ主婦なもんで時間がない(笑)
子供たちに手が掛からなくなったら何年掛かってもいいから一度は編んでみたいなと思っています。
その前に子供達に編んであげて練習してみようと思います。子供用ならサイズも小さいですし、パパッと編めそうですしね。
趣味で作ったものを自分が、子供たちが着れるというのは本当に嬉しいです。
なので私は趣味の手芸をやめれません。

都会から田舎へ

私は今年の4月から大阪→岩手県へ就職しました。というのも、東日本大震災があったときから福祉と東北に関心を持ち始め、東北で働きたいと思ったからです。
親からは反対されました。私は大阪出身で1年留学経験もあるのでずっと英語を使う仕事をすると思っていたらしいです。でも私にとってはやりたいことをやってきたからこそんだ道です。だけど車のない私にとってここで暮らすのは少しきついです。だってスーパーやコンビニ行くだけなのに1時間も歩いてかかるんです。大阪だったら徒歩2分以内にコンビニがあったのにな~なんて考えてしまいますが、でも都会のひとは贅沢だなぁ~とつくづく感じることもあります。私は自然が好きなので田舎と都会だったら田舎の方が好きです。何よりも星がキラキラはっきり見えるのが何よりも感動します。どんなに疲れていても星をみたら涙が出て癒されます。この星たちは無料で私を癒してくれるしこんな贅沢な至福の時はこれ以上ないと思います。そんなことを日々考えて頑張っております。

「BONES 骨は語る」シーズン9 第11話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン9の第11話「数式が導く人生」を見ました。
ブレナンが被害者の父親である大学教授にずいぶんと肩入れしていて、珍しく感情的な姿が見られた回でした。学者同士で分かり合えるところがあるのか、凡人にはなかなかわかりづらかったです。ブレナンがときおり涙ぐむシーンがあったのですが「え?今の泣き所はどこだったの?」と少し混乱する場面もありました。ブースも理解できない様子で、意見が対立していましたね。でも、教授が娘の人生を黒板いっぱいに数式を使って表現したラストシーンは、胸打たれるものがありました。
そして、カミールが友人に身分を乗っ取られる事件についても、一応の決着がついたようですね。怒りがおさまらないカミールはさらに刑が重くなるように訴えようとするのですが、それはやめようと忠告したバジリが素敵でした。この世は時に理不尽なのだから許すことが大事だ、って名言ですね。バジリはどんどんかっこよく進化しているように見えるので、今後も注目していきたいです。

娘と公園へお出かけ

息子は週に2回、お弁当の日があります。
その日に合わせて、私と娘もお弁当を作ります。
息子を幼稚園へ送り届けた後は、お天気が良ければ近所の公園へお弁当を持って出かけるのです。
お弁当に水筒、シャボン玉におやつ。
娘のリュックは、いつもちょっと重たそうです。
公園へ行くとお気に入りの滑り台とブランコで遊びます。
私は、近くで見守ったり、一緒にブランコに乗ったり、ベンチから見ていたりして過ごします。
近くに一緒に遊んでくれるお友達がいればいいのですが、末っ子の娘と同じ年齢の子を持つ友人たちはみんなちょっと遠方なので、なかなか一緒に遊べないのが残念です。
一通り遊具で遊んだ後は、シャボン玉タイムです。自分ではまだできないので、私がシャボン玉を作る係。娘はそれを追いかける係です。
シャボン玉タイムは上ばかり見ているので、しょっちゅう転んでいますが、それも楽しいようなのでまぁいいかな。
お昼にお弁当を食べて、おやつを食べて、お着替えをしてお兄ちゃんを迎えに幼稚編へ向かいます。
大体は幼稚園に向かう車の中でお昼寝してくれるので、夕方ぐずらなくてありがたいです。

歳を重ねるとともに襲ってくる事

40歳手前になったら、急にめまいがひどくなりました。それも回るめまいではなくて、フラフラと浮く感じがするめまいです。横になってもまるで船に乗っているみたいです。調べてみたら、浮動性めまいです。それまでは、全くしりませんでした。しばらくしたら、ノドに何か詰まってる感じがして、ご飯も食べられなくなりました。スープや野菜ジュースなどで栄養をとり、10キロ以上痩せました。知人の紹介で病院に行きました。自律神経失調症と診断され、薬を飲みはじめたその日にノドの詰まりはなくなりました。おかげで食事もできるようになりました。浮動性めまいは、今でも車に乗った日は症状が現れる日もあります。私は今50歳ですが、去年あたりから、急にカーッと熱くなることが多くなりました。真冬でも扇風機をつけてました。これもまた調べてみると、更年期障害だそうです。今もカーッとなる時があります。病院に行った方がいいのか迷ってますが、これ以上薬が増えるのも嫌なので、今のところ行っていません。