都会から田舎へ

私は今年の4月から大阪→岩手県へ就職しました。というのも、東日本大震災があったときから福祉と東北に関心を持ち始め、東北で働きたいと思ったからです。
親からは反対されました。私は大阪出身で1年留学経験もあるのでずっと英語を使う仕事をすると思っていたらしいです。でも私にとってはやりたいことをやってきたからこそんだ道です。だけど車のない私にとってここで暮らすのは少しきついです。だってスーパーやコンビニ行くだけなのに1時間も歩いてかかるんです。大阪だったら徒歩2分以内にコンビニがあったのにな~なんて考えてしまいますが、でも都会のひとは贅沢だなぁ~とつくづく感じることもあります。私は自然が好きなので田舎と都会だったら田舎の方が好きです。何よりも星がキラキラはっきり見えるのが何よりも感動します。どんなに疲れていても星をみたら涙が出て癒されます。この星たちは無料で私を癒してくれるしこんな贅沢な至福の時はこれ以上ないと思います。そんなことを日々考えて頑張っております。

「BONES 骨は語る」シーズン9 第11話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン9の第11話「数式が導く人生」を見ました。
ブレナンが被害者の父親である大学教授にずいぶんと肩入れしていて、珍しく感情的な姿が見られた回でした。学者同士で分かり合えるところがあるのか、凡人にはなかなかわかりづらかったです。ブレナンがときおり涙ぐむシーンがあったのですが「え?今の泣き所はどこだったの?」と少し混乱する場面もありました。ブースも理解できない様子で、意見が対立していましたね。でも、教授が娘の人生を黒板いっぱいに数式を使って表現したラストシーンは、胸打たれるものがありました。
そして、カミールが友人に身分を乗っ取られる事件についても、一応の決着がついたようですね。怒りがおさまらないカミールはさらに刑が重くなるように訴えようとするのですが、それはやめようと忠告したバジリが素敵でした。この世は時に理不尽なのだから許すことが大事だ、って名言ですね。バジリはどんどんかっこよく進化しているように見えるので、今後も注目していきたいです。

娘と公園へお出かけ

息子は週に2回、お弁当の日があります。
その日に合わせて、私と娘もお弁当を作ります。
息子を幼稚園へ送り届けた後は、お天気が良ければ近所の公園へお弁当を持って出かけるのです。
お弁当に水筒、シャボン玉におやつ。
娘のリュックは、いつもちょっと重たそうです。
公園へ行くとお気に入りの滑り台とブランコで遊びます。
私は、近くで見守ったり、一緒にブランコに乗ったり、ベンチから見ていたりして過ごします。
近くに一緒に遊んでくれるお友達がいればいいのですが、末っ子の娘と同じ年齢の子を持つ友人たちはみんなちょっと遠方なので、なかなか一緒に遊べないのが残念です。
一通り遊具で遊んだ後は、シャボン玉タイムです。自分ではまだできないので、私がシャボン玉を作る係。娘はそれを追いかける係です。
シャボン玉タイムは上ばかり見ているので、しょっちゅう転んでいますが、それも楽しいようなのでまぁいいかな。
お昼にお弁当を食べて、おやつを食べて、お着替えをしてお兄ちゃんを迎えに幼稚編へ向かいます。
大体は幼稚園に向かう車の中でお昼寝してくれるので、夕方ぐずらなくてありがたいです。

歳を重ねるとともに襲ってくる事

40歳手前になったら、急にめまいがひどくなりました。それも回るめまいではなくて、フラフラと浮く感じがするめまいです。横になってもまるで船に乗っているみたいです。調べてみたら、浮動性めまいです。それまでは、全くしりませんでした。しばらくしたら、ノドに何か詰まってる感じがして、ご飯も食べられなくなりました。スープや野菜ジュースなどで栄養をとり、10キロ以上痩せました。知人の紹介で病院に行きました。自律神経失調症と診断され、薬を飲みはじめたその日にノドの詰まりはなくなりました。おかげで食事もできるようになりました。浮動性めまいは、今でも車に乗った日は症状が現れる日もあります。私は今50歳ですが、去年あたりから、急にカーッと熱くなることが多くなりました。真冬でも扇風機をつけてました。これもまた調べてみると、更年期障害だそうです。今もカーッとなる時があります。病院に行った方がいいのか迷ってますが、これ以上薬が増えるのも嫌なので、今のところ行っていません。

産後ダイエット

私は去年に娘を出産しました。もともと体型は細いほうだったのですが、妊娠中に20キロ太ってしまいました。検診の時には常に体重を気をつけるように言われていましたが、食欲が止まらず我慢ができませんでした。特に甘いものを中心に食べてしまっていました。その結果20キロ太ってしまいました。出産してからは8キロはすぐに落ちたのですがそれ以降がなかなか減らずにいたので、ダイエットを頑張ろうといま奮闘中です。授乳もしなければいけないので、食事の面では大幅に制限することは難しく、野菜中心で炭水化物少なめで食事することを心がけています。日中は娘とお散歩がてらウォーキングをしています。今日も娘と一緒に約1時間程お散歩をしました。それプラス腹筋やストレッチもやりました。毎朝体重を計っているので、今日は結構運動できたので明日の朝体重計に乗るのが楽しみです。早く元の体型に戻って好きな服をたくさん着たいというのが最近の私の目標です。

朝の壮絶な戦い

最近ハマっている商品があります。それは牛乳で割って飲むコーヒーです。ペットボトルの入れ物で、1本につき約8杯分カフェオレを作って飲むことが出来ます。
苦いコーヒーが得意ではない私にとってはとても美味しく飲めるオススメドリンクなのです。結構お得なので買いだめしてあります。そして毎朝毎晩飲んでいます。
そんなある日、なるべくギリギリまで寝ていたい勢の私は、朝1分1秒が命取りです。ここで問題発生、ペットボトル式のコーヒーはまあ注ぎ口についたコーヒーのカスが固まってカリカリ状態になりボトルがなかなか開けられない!
レンジでパンをトーストしている間に注ぎ終わって、仕事の制服に着替えて終わってパンが焼けて食べて…という私の時短準備が狂わされます。レンジはチン!とパンを焼き終わった様子。寝起き間もない私は特に力が入らず、近くにあったタオルを使って頑張って開けようとしても開かず。ゴム手袋でもあればなあ、と思いながら私は輪ゴムをくくりつけてひねりましたが全然開かず。
諦めかけたその時、私はコップ用のフタ(オシャレなゴム製のもの)が目に入り、ぐぐっと開ける事ができました!早速朝食を頬張っていると中指に切り傷。こんな朝のバトル、明日は最初からフタを使って一気に決着をつけてやります。

複雑な心境

私には小学5年生になる息子がいます。地元の公立小学校に通っているのですが、中学校は公立中学校と県立の中高一貫校があります。中高一貫校は受験が必要になり、定員も少なく同じ小学校からは10名ほどしか進学していない状況です。それでも、男の子なのでいずれは大学に進学してもらいたいので受験だけでもと勧めています。
けれど、本人は公立中学校でいいと言い張ります。成績も悪くないので、「上を目指してやってみればいいのに」と主人とも話しているのですが本人がなぜか拒否します。周りにもそのような話をしている子が少なく、ピンと来ていないのかもしれません。ですが、息子の学年はとても仲の良い子が多く、昨日なんかは10人近くで家の周りで楽しそうに遊んでいました。それを見ているとこのまま一緒に同じ中学校へ進学した方が息子のためになるのかなぁと思うところも。勉強も頑張ってもらいたいけれど、友情も大切にしてほしいと複雑な心境です。

お給料日が待ち遠しい

お給料日直前になるとお財布の中がさびしくて、欲しいものを我慢せざるを得なくなります。
これは働きだしてから毎回のことで、今は主人のお給料日がとても待ち遠しいです。
お給料日直前は買いたいものを我慢したり、買い物に行ったとしても安いものしか買いません。
本当にお金がない時はクレジットカードで支払って、翌月に引き落としになったりもします。
このあたりに自分の管理の出来なさに毎月本当に呆れてしまいます。
しかしなかなかお金が貯まらなくて、毎月嫌になります。
お給料が入ってもすぐにそのお金がなんらかの支払いにいってしまい、なかなか残りません。
私の使い方が悪いんでしょうか。
そろそろどこかに働きに行かないとと思うんですが、小さい子供がいるためなかなか動けません。
働くといっても人間関係に悩んだり、業務を覚えたりするのもちょっと億劫です。
ずっと働かずに生活出来たら良いんですが、なかなかそうもいってられないですよね。
時間のあるうちになんらかの資格を取ってみようかな。

猫のブログを見ていて思うこと

猫を飼っているので、猫のブログもついついチェックをしてしまいます。
猫のブログ主の方って本当に写真を撮るのが上手なんだなと思います。
自分でも可愛いポーズを取っている猫の写真を撮りたいのですが、スマホやデジカメをむけた時にはすでに違うポーズになっていて、思うような写真を撮ることが出来ないという悩みがあります。
一体、どういう風に写真を撮影しているのかな、とどうしても気になってしまうのです。

中には猫の気持ちになってセリフを入れている人もいます。
確かにそういう言葉を言っているような気がしてしまうので不思議です。
我が家の猫ももしかしたらこんなことを言っているのかもしれない、ということはあります。
何となく言いたいこと、伝えたいことが分かる時もあります。

でもそれをブログにする、というのは中々難しいです。
決定的瞬間の写真を撮影することが出来るのであれば、その方法を教えて欲しいなと思います。
ブログにアップして見てもらうのもいいと思います。

地元のマルシェは雑貨とお菓子ばっかり

アパートでマルシェですか~。今日の新聞折り込みにチラシにイベントのチラシも入っていました。小さなマルシェだろうにきちんと印刷されたチラシでした。お金掛かっているなぁ。でも会場辺りは駐車場はないんですよね。前にも開催された場所なのでだいたい検討はついているのですが、今度は行ってみようかな。自転車で行けば行けると思うんです。しかも電動付き自転車なので楽ですし。ただこういう小さな場所だと入りにくいし出にくいと言う難点があるんですよね。内容も雑貨とお菓子が多かったです。ちょっと体験系もあればなぁと思ってしまいました。今は癒し系のイベントが多いのでそっちの方が興味あるんです。正直ヒーリングなどのエネルギーワークはよく理解出来ませんが、未知なる世界ってちょっと体験はしてみたいんですよね。イベントだと金額も手ごろだし、占いみたいなカードリーディングよりは興味があります。あと音の癒しみたいなのも好きなんです。前にライアーと言うヒーリング楽器を体験したことがありますが、とってもいい音で体の上で響かせてもらうことも出来てとっても気持ちが良かったです。聞いているときもいいなぁと思いましたが、体の上に乗せてもらったらもう別次元でした。桜の木で出来た一枚板の楽器なので、震動がダイレクトに伝わってきましたし、音自体もとっても濃く感じました。あぁ、またあの音聞きたいなぁ。