教員に向いていない人の特徴6つ

この記事では、教員に向いていない人の特徴を6つご紹介します。教員 辞めたいと思ってしまう前に、この記事で書かれている6つの特徴に当てはまっていないかご自身でチェックしてみてください。

人に教えるのが苦手

人に何かを教えることが苦手であれば、先生に向いていません。
自信を持って教えられる度胸があり、生徒からの質問にも手早く答える必要があります。
どちらかというと自信がなく、臨機応変な対応を取るのが苦手な人は別な仕事を考えた方が良いです。
よりわかりやすく、かつ集中できる授業風景を作ることも先生の仕事です。
教師になってから、自信がついて教えるのが上手くなる人もいるので、実績を積むことも大事でしょう。

あがり症

人と話すのが苦手でみんなの前に立つだけでめまいがする人は向いていません。
何を言われても堂々とできるハガネの心を持った人が教師には向いています。
教団の前に立てば30人ものの生徒の目が一斉に集まるので、あがり症気質の人はクラクラときてしまいます。
このような状態が一時間近く続くので、具合が悪くなることでしょう。
むしろ注目されたいと感じる人ほど向いていて、面白おかしく授業が出来るようであれば生徒人気も上がります。

よくひいき目で見てしまう

生徒一人一人に対して平等に接しないといけません。
特別思い入れが強い子には評価を上げるなど、コソコソとした行動はご法度です。
同じくらいの気持ちも平等にかけてあげることで、不平不満も上がりません。
先生の日頃の行動は、案外生徒たちも見ていて、その様子を親に伝えることもあります。
その場合、保護者からクレームが来てしまうこともあるので、気をつけましょう。

内向的

どちらかというと自分を表現するのが苦手で、声も小さい人は向いていません。
授業も円滑に進む事ができなくなり、まず生徒達の耳に声が届きません。
大人しいだけならいいですが、活気が無いと生徒達もつられてしまうので気をつけるようにしましょう。
人と関わる事が好きで、声も大きい体育会系の人は逆に向いています。

子供が苦手

教師になると自分の年齢よりもはるかに年下の生徒達と関わります。
子供が苦手であれば、生徒一人一人に対しても愛着が湧かなくなり、その態度は生徒達にも伝わる事でしょう。
自分の下に妹か弟がいていつも面倒を見ていた、なんて人は適役でしょう。
子供が好きで、自分が指導者として役に立ちたいという前向きな人は向いています。

自由な時間が欲しい

教師になるとどうも自由な時間が取りにくくなります。
家に帰ってからもテストの点数付けなどやる事がたくさんです。
自由に生きたいという願望が強い人ほど教師には残念ながら向いていません。
覚悟の上、教員として働く事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です