ランドセル選びはもはや争奪戦

子供のランドセル選びって今やかなり大変みたいですね。

友人が言ってました。
ランドセルを選ぶ事をラン活というそうです。
なんでも活をつけたがるんだなあ、と思うのと同時に大変だなあと感じました。

私の頃はというと、ランドセルなんて赤と黒しかなかったので、選ぶということがありませんでしたよね。
また、ランドセルに種類があることなんてまったく知りませんでした。
私の場合は、祖母がプレゼントしてくれたように思います。

しかし、今はそんな時代ではないみたいです。

親は子供のために奔走しなきゃいけないようです。

まずはランドセルの多様化があるかもしれませんね。
色も赤、黒、茶色、水色、紫色、ピンク色、そして驚きの白いランドセルまであるらしく、そりゃあ迷いますよね。

さらに、ランドセルの形もかぶせの部分が反かぶせになっていたり、カバンの形状自体が横長になっていたりと、様々です。

そこに王道のランドセルメーカーや鞄屋さんが作っているランドセル、アパレル系ブランドから出ているランドセルなど、種類が豊富なんですよね。
人気のランドセルはすぐに売り切れてしまうみたいです。
そんなことってあるんですねぇ。

プラス少子化がラン活に輪をかけているような気もします。

なんにしても、大変ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です