フランスへ行きたし。

フランスへ行きたしと思えどもフランスはあまりにも遠い。
テロの標的になってしまっているフランスへ行くのは少々勇気が要ります。
イスラム国と戦争状態となっています。
今では詩人が歌ったころとは比較にならないくらい簡単に飛行機で行けます。
安全面はどうでしょうか。
昔も今も命がけであることは変わりがありません。
まあ、それだけの志があるやないやによりますが。
のんきな観光客は今の時代のほうがはるか多いでしょう。
ぼくもフランスに行きたしと思えども、アメリカへも行きたしと思えども行けない。
あまりにも遠い。
しかしはるか天竺へ経典を求めた三蔵法師よりは今の時代、夢が見やすいです。
自分が志を持ち、そして道程を楽しめば、いつかは木から葉っぱが落ちていくように、ぼくも到達できるでしょう。
フランスへの旅を欣求した詩人と同じように夢の成就を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です